世界農業遺産等専門家会議委員による現地調査を実施 | 愛媛県南予地域農業遺産推進協議会

Activity
これまでの活動のあゆみ

2018年(平成30年)10月24日 世界農業遺産等専門家会議委員による現地調査を実施

世界農業遺産等専門家会議委員の大和田順子委員(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)及び八木信行委員(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)が来県され、現地調査が行われました。

大和田委員は「高校生たちが家業のみかん農家を継ぐに当たっての抱負を語っていて、非常に頼もしいと思った」、八木委員は「傾斜地をうまく利用して、美味しいみかんを作っていて、非常に有望だと思う」とそれぞれ感想を述べられました。

 

( 現地調査箇所 )
1. 八幡浜みなっと
2.マンダリン
3.川之石高校
4.八幡浜市農産物加工施設
5.宮内公民館(みかんを使った食文化)
6.川上地区
7.真穴地区
8.みかん研究所

一覧へ戻る

MENU