Message
農業遺産認定を目指して

Memberご挨拶

地域の宝「愛媛・南予の柑橘農業システム」を農業遺産に!

会長 大城 一郎

宇和海に面する愛媛県の南予地域は、崖が海岸まで迫る典型的なリアス式海岸の急斜地という厳しい条件でありながら、先人の英知と努力で築かれた段々畑が「耕して天に至る」と形容される壮大な景観美を形成し、今では生産量・品種ともに日本一の柑橘産地となっています。
先人の血のにじむような努力の積み重ねに敬意を表しつつ、柑橘王国愛媛が世界に誇る「愛媛・南予の柑橘農業システム」の価値について、農業遺産の認定に向けた取組みを通じて、生産者の方々はもとより、地域の皆様にも御理解いただき、地域一丸となって後世へ確実に継承していきましょう。

愛媛県南予地域農業遺産推進協議会
会長 大城 一郎

申請地域の位置

申請地域の位置

申請地域名:愛媛県南予地域
(宇和島市・八幡浜市・西予市・伊方町・愛南町 3市2町)

協議会メンバー(29団体)

宇和島市、八幡浜市、西予市、伊方町、愛南町、愛媛県、JAにしうわ、JAひがしうわ、JAえひめ南、南予用水土地改良区連合、八幡浜市文化協会、町見郷土館、NPO法人かわうそ復活プロジェクト、宇和島市観光協会、みなと交流館(八幡浜みなっと)、西予市観光協会、愛南町観光協会、四国西予ジオパーク推進協議会、NPO法人佐田岬ツーリズム協会、愛南グリーン・ツーリズム推進協議会、宇和島商工会議所、八幡浜商工会議所、保内町商工会、伊方町商工会、西予市商工会、吉田三間商工会、津島町商工会、愛南町商工会、(株)うわじま産業振興公社(きさいや広場)

Giahs & Jniahs世界農業遺産・日本農業遺産とは

農業遺産は、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり継承されてきた独自性のある伝統的な農林水産業と、それに密接に関わって育まれた文化、ランドスケープ(※1)及びシースケープ(※2)、農業生物多様性(※3)などが相互に関連して一体となった、将来に受け継がれるべき重要な農林水産業システムを認定する制度です。世界農業遺産は、世界で20ヶ国50地域、日本では11地域が認定されています。(平成30年4月現在)。平成28年度に創設された日本農業遺産は、29年3月に8地域が認定されています。

  • ※1 ランドスケープ:土地の上に農林水産業の営みを展開し、それが呈する一つの地域的まとまり
  • ※2 シースケープ:里海であり、沿岸海域で行われる漁業や養殖業等によって形成されるもの
  • ※3 農業生物多様性:食料及び農業と関わりのある生物多様性及び遺伝資源が豊富であること

世界農業遺産認定とは

GIAHSGlobally Important Agricultural Heritage Systems

世界農業遺産は、世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を、国際連合食糧農業機関(FAO)が認定する制度です。世界で19ヶ国46 地域、日本では9地域が認定されています(平成30年1月19日現在)

現在日本で登録されている世界農業遺産認定地域

トキと共生する佐渡の里山(新潟県佐渡市)/能登の里山里海(石川県能登地域)/静岡の茶草場農法(静岡県掛川周辺地域)/阿蘇の草原の維持と持続的農業(熊本県阿蘇地域)/クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環(大分県国東半島宇佐地域)/清流長良川の鮎-里川における人と鮎のつながり-(岐阜県長良川上中流域)/みなべ・田辺の梅システム(和歌山県みなべ・田辺地域)/高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム(宮崎県高千穂郷・椎葉山地域)/持続可能な水田農業を支える「大崎耕土」の伝統的水管理システム(宮城県大崎地域)/静岡水わさびの伝統栽培-発祥の地が伝える人とわさびの歴史-(静岡県わさび栽培地域)/にし阿波の傾斜地農耕システム(徳島県にし阿波地域)

日本農業遺産認定とは

JNIAHSJapanese National Important Agricultural Heritage Systems

日本農業遺産は、国内において重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を農林水産大臣が認定する制度です。
平成29年3月に、初の日本農業遺産として8地域が認定されました。

現在日本で登録されている日本農業遺産認定地域

新潟県中越地域/山梨県峡東地域/静岡県わさび栽培地域/徳島県にし阿波地域/宮城県大崎地域/埼玉県武蔵野地域/三重県鳥羽・志摩地域/三重県尾鷲市、紀北町

Expected effect農業遺産認定に期待される効果

農業遺産認定を活かした地域活性化

「南予の柑橘農業システム」の価値が認められることで、地域住民の自信と誇りを醸成するとともに、南予が誇る柑橘類の更なるブランド化や観光客誘致を通じた地域経済の活性化、担い手確保などに努めます。また、他の認定地域との交流を通じ、農業遺産の保全や次世代への継承に向けた取組も進めます。

MENU